運動習慣と食事管理ってこんなに大事!!

ご存知ですか?
沖縄県の中高年男性3人に1人は「メタボリックシンドローム」です。
日本人の3大死因は「がん」・「心臓病」・「脳卒中」ですが、それらの起因となるものは「動脈硬化」です。
最近の研究ではメタボリックシンドロームが原因で生活習慣病が引き起こされ動脈硬化になりやすいことがわかってきました。あなたの血管は大丈夫ですか?


八重洲クリニックでは平成17年9月5日〜12月7日の期間、那覇市国民健康保険課の委託を受け「いきいき健康教室」実施しました。

これは生活習慣を改善していくために、運動指導や栄養指導(実際に調理実習も行います)をうけ、健康な体づくりを目指し予防医療に努めるというものです。
それでは、生活習慣の改善がどれだけメタボリックシンドロームに影響を及ぼしたのでしょうか?

今回の教室では参加者数22人、最後まで続けることができた人19人、またそのうちの4人がメタボリックシンドロームでした。
週に1回の教室以外の日は、それぞれ自分の体力に合わせた運動を行ってもらい、食事も毎日の摂取内容は提出してもらい指導も行いますが、メニュー作りは本人にまかせています。
その結果は次のとおり!

腹囲

体重

中性脂肪

グルコース

収縮期血圧

拡張期血圧

A男性

89.0p

67.0s

183r/dl

96r/dl

142 mmHg

80 mmHg

85.0p

64.8s

154r/dl

97r/dl

146 mmHg

84 mmHg

B女性

91.5p

63.8s

117r/dl

125r/dl

140 mmHg

90 mmHg

87.8p

60.8s

169r/dl

121r/dl

150 mmHg

80 mmHg

C女性

102.5p

77.8s

195r/dl

95r/dl

140 mmHg

86 mmHg

98.5p

73.2s

133r/dl

87r/dl

102 mmHg

70 mmHg

D女性

90.0p

61.4s

137r/dl

120r/dl

130 mmHg

84 mmHg

85.5p

59.0s

121r/dl

111r/dl

138 mmHg

80 mmHg

※網掛けの部分は数値異常


男性1人を除く女性3人が教室終了後にはメタボリックシンドロームが解消されていました。男性においてもウエスト周囲系が4p減って85pとなっており、もう少しの期間があれば、解消されたと思われます

たった3ヵ月間でしたが、こんなにすばらしい結果を得ることができました。結局最近ではいろんなダイエットサプリや器具がありますが、一番の近道は意識の改善による運動習慣と食事管理なのではと感じます。